年賀状、失敗した!書き損じた年賀状はどうすればいいの?

年賀状を書き損じてしまった場合、どのようにすればいいのでしょうか。宛名を書き間違えた、パソコンプリンタの調子がおかしくて印刷面が汚くなってしまった…など、多くの方の身に起こりがちなことだからこそ知っておくべきでしょう。

書き損じた場合はどうすべき?

書き損じに限らず、まだ郵送していない年賀状は郵便局の窓口で対象の切手やはがきなどに交換できます。詳しくは以下に交換可能です。

  • 郵便はがきや切手
  • ミニレター(郵便書簡)
  • レターパック封筒

前年の年賀状も交換可能です。ただ条件があって年賀状1枚につき5円の交換手数料がかかります。料額印面が汚れてしまったり破れてしまったりした場合も、交換不可となるので覚えておきましょう。

中には年賀状からの換金を期待する方も多いでしょうが、残念ながら不可です。もしどうしても書き損じた年賀状をお金に替えたい場合は、一度通常切手やはがきに交換後、金券ショップで換金してください。

年賀状への交換条件

今年の年賀状を書き損じた場合、同じ年の年賀状に交換できます。はがき類のムダなストックを減らすためにもっとも役立つ方法だと言えますね。

ただし年賀状から年賀状への交換は販売期間中に限ります。一般的には11月上旬から1月10日前後まで。万が一の書き損じでの交換を利用するためにも、年賀状は早めに作成するといいですね。年賀状から年賀状への交換も、1枚につき手数料5円かかります。

ただ前年以前の年賀状を今年の年賀状には交換できません。あくまでも今年の年賀状は今年のものにのみ交換可能です。それ以外はすべて通常の切手やはがきへの交換になると覚えておきましょう。

例外。近親者の不幸の場合は販売期間のみ交換可能

近親者に不幸があった場合は、年賀状の販売期間のみ通常切手やはがきへの交換可能です。未使用・使用済み限らず交換できるので安心ですね。また特別に5円の交換手数料は無料になるといううれしいサービスがあります。無料交換を受ける場合は郵便局の窓口で請求書をもらい、申請を行いましょう。

たとえ書き損じても年賀状には価値があります。よって適当に処分せず、郵便局窓口で手数料交換を行いましょう。できれば同年の年賀状に交換して使ってしまうのが一番効率よくおすすめです。手数料すらムダに感じてしまう方は懸賞に利用するのも賢い方法ですよ。郵便はがきの額面金額そのものの価値で使えるのでおすすめです。書き損じた年賀状をムダにせず、しっかり活用してください。