必見!自宅で年賀状の宛名印刷をするときのコツ

自宅で年賀状の宛名印刷をするときのコツをご紹介しましょう。宛名印刷は手書きよりも美しく仕上がるだけでなく、便利で重宝するツールですのでぜひ活用したいところです。現在では多くの方が利用しているもののひとつになりますが、ではその方法やコツをチェックしましょう。

年賀状を印刷する方法は?

自宅で年賀状の宛名印刷をする方法は、パソコンとプリンタを使用して行うのが一般的です。宛名の作成に最適なソフトを使いましょう。

オーソドックスなのは年賀状作成ソフト

裏面だけでなく年賀状の宛名印刷もできてしまうのが、自分で年賀状を作成する魅力と言えます。年賀状の宛名印刷をする場合、もっともオーソドックスな方法が年賀状作成ソフトを使用することでしょう。パソコンで宛名や差出人の住所や名前を入力したのち、印刷して完成です。

筆を使って書いたような文字体を表現できるのも、年賀状作成ソフトで宛名印刷する魅力でしょう。行書体が筆で書いたような文字体ですが、ゴシック体など近代的なイメージの書体での印刷も可能になります。

ワードやエクセルなどでも宛名印刷可能

特別な年賀状作成ソフトを使用しなくても、日頃から使用しているマイクロソフト社のワードやエクセルなどオフィスを使っても宛名印刷できます。オフィス製品でもっとも適しているのはアクセスで、エクセルなどで使用した宛名データをインポートして印刷できます。

ただすべてのパソコンにプリインストールされている可能性は低く、仕事で使用する以外はあまり実用性がありません。そこでおすすめなのが、エクセルとワードを使う方法です。エクセルで使用した住所録をワードにインポートして、宛名印刷をすると大変便利です。

また同じオフィス製品ですので、アウトルックで作成した住所をワードにインポートし、はがき印刷機能を使って宛名印刷することも可能です。いろいろ使うのが面倒だという方は、ワードへ直接住所を入力しても宛名印刷できます。自分のニーズに合わせて使えるのが魅力ですね。

宛名シールに印刷するという手も

「年賀状に印刷をして失敗をするのが嫌」という方は宛名シールを使う方法がおすすめ。
これなら印刷ミスがなくなり、書き損じはがきを郵便局に交換しに行く手間が省けます。

一度入力した宛名データは保存して翌年に再利用可能

年賀状作成ソフト、またはエクセルやアクセス、アウトルックやワードで作成した住所データは保存しておき、翌年に再利用することも可能です。毎年、年賀状の宛先を書いたり入力したりするのは大きな手間となるので、ぜひ保存しておきましょう。

年賀状は自宅印刷が便利です

1年に1度と言っても、忙しい現代人にとって年賀状の作成はひと手間かかるものです。少しでもスピーディに、そしてきれいな年賀状を作るには、年賀状はネット印刷で仕上げるのに限ります。とはいっても、宛名印刷は別料金がかかる場合が多いので、宛名印刷のみを自宅でする方法もありますね。特に宛名は毎年使用しますので、保存しておくと大変スムーズです。ぜひご活用ください。